うちにはトイレはたったの1個しかないのですが、主人はトイレに行くと20分は最低でもじっと座って本を読んだりしているので本当一緒に生活している人にとっては大迷惑で困っています。たまに子供が学校に行かないといけないしトイレも済ませておかないと行けないのに、主人がいつも急いでいる時に限って入ってしまってやっぱりなかなか出てこないのですごく大変です。おまけに「早くして」と急かしてトイレから出てもらっても当分の間は換気扇を付けておかないと中には入れないような状態になっているし、もうとにかく最悪です。うちにはトイレがひとつしかないのでいつもこんな感じで大変なのですが、もう一つトイレが付けられたらどれだけ便利になるかと思うと本当もう一つリフォームでもしてトイレを付けたい気持ちです。でもうちは借家なのでそんなことは出来ないし、本当に残念です。ただ主人にはトイレに長く入って出てこないような事は早く止めて欲しいなと思っています。ミュゼ v 範囲

 4月にそれまで長時間親しんできたガラケイをスマフォに替えて、本当に65年齢にしてスマホデビューを果たしたのはいいのですが、携帯、メール、カメラほか使用していません。小6の孫に「おじいさん、コイツじゃガラケイでもよかったんちゃう」と言われてしまいました。スマフォにした用は端末で映像yesで投稿するのに、ガラケイよりも携帯のほうが動画がきれいで、でかい動画が撮れるからという単純な長所からでした。だからわざとホームページとかをスマホで講じる了見は無かったんです。
 ところが孫から遊びをやりたいからダウンロードしてと、3つの遊び呼称を書いた控えを渡されました。えーどうしてすりゃいいんだ、その日から手探りしましたが、随分出来ません。それを見かねた孫が「我々しても素晴らしい」というもんだから許可すると楽にダウンロードしてしまいました。そして遊びを始めました。おじいさんはまったく思い付かのに、今どきの赤ん坊は携帯を欠けるのにやり方は判るようです。
 まいいか、孫が使用出来るから使ってもらったら携帯にした意味があったものだと、わけの思い付か理屈で単独を認識させています。